人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はじめよう医用画像情報管理~ネットワークを知ろう-1-~

インターネットとは
 “internet(先頭の「i」は小文字)”とは、ネットワークを相互に接続する技術、またはその技術によって接続されたネットワークのことであり、日本語では「相互接続ネットワーク」などと訳される。相互接続ネットワークは、さまざまな種類のネットワーク同士を接続し、その違いをユーザーやアプリケーションから隠し、統一的なサービスを提供するネットワークのネットワークである。
 インターネットの歴史
インターネットの起源は1960年代にまでさかのぼる。当時、DoD(Department of Defense:米国国防総省)は、核による攻撃にも耐えうる軍事指揮用のネットワークを必要としていた。そして1968年、DoDのARPA(Advanced Research Projects Agency:高等研究計画局)は、実験用のパケット交換ネットワークであるARPANET(アーパネット)の開発に着手した。
1969年には、ARPAの研究に参加する研究者が多数在籍していたカリフォルニア大学ロサンジェルス校、スタンフォード研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学間で接続実験が開始され、最初の広域パケット交換ネットワークであるARPANETが誕生した。
1973年には無線や人工衛星を利用したパケット交換ネットワークの研究へと発展していった。同時に、これらパケット無線ネットワークとパケット衛星ネットワークとARPANETを接続する研究も開始された。
そして、相互接続ネットワークを実現するために新たなプロトコルの開発が行われた。これが後にTCP/IPと呼ばれることになるプロトコルである。そしてインターネットの研究は当初から国際的な広がりを見せ、TCP/IPの研究には、英国を始め、ノルウェーなどヨーロッパの国々が参加していった。
1977年、ARPANET、パケット衛星ネットワーク、パケット無線ネットワーク、Xerox社Palo Alto Research CenterのEthernetという4つのネットワークを相互接続したデモンストレーションが行われた。
1978年にはARPANETに接続するコンピュータのプロトコルとしてTCP/IPが採用され、徐々にインターネットが形成されていき、1983年1月1日までにARPANETのネットワークのプロトコルはTCP/IPに変更・統一され、実用的なインターネットが誕生した。
1992年には、日本で最初の商用ISP(インターネット サービス プロバイダ)である株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が誕生し、以後続々とISPが誕生していった。
OSI参照モデルとTCP/IP
はじめよう医用画像情報管理~ネットワークを知ろう-1-~_d0004022_2248473.jpg
OSI参照モデルは7つの層、TCP/IPは4つの層から構成される。
・ネットワークの通信モデルは、OSI参照モデルによって説明することができる。
・物理層、データリンク層は、1つのネットワーク媒体に接続されたコンピュータ間での通信方法を規定する。
・ネットワーク層は、相互に接続されたネットワーク上の任意の2台のコンピュータ間での通信方法を規定する。
・トランスポート層は、アプリケーション間での通信方法を規定する。
・セッション層、プレゼンテーション層、アプリケーション層では、アプリケーション間での通信方法を規定する。

インターネットからネットワークの基本や共通化ができたんだ!
# by tochihara3 | 2005-12-20 22:46 | 医用画像情報管理士

はじめよう医療画像情報管理~コンピュータを知ろう OS編~


OS 【Operating System】 とは
 キーボード入力や画面出力といった入出力機能やディスクやメモリの管理など、多くのアプリケーションソフトから共通して利用される基本的な機能を提供し、コンピュータシステム全体を管理するソフトウェア。「基本ソフトウェア」とも呼ばれる。
 ソフトウェアの開発者は、OSの提供する機能を利用することによって、開発の手間を省くことができ、アプリケーションの操作性を統一することができる。また、ハードウェアの仕様の違いはOSが吸収してくれるため、あるOS向けに開発されたソフトウェアは、基本的にはそのOSが動作するどんなコンピュータでも利用できる。
 企業や家庭の一般ユーザが利用するOSとして最もポピュラーなのはMicrosoft社のWindowsシリーズであり、この市場で9割以上のシェアを占める。
 DTP業界やマルチメディア業界では、Apple社のMac OSが広く利用されている。企業のサーバや学術機関では各社のUNIX系OSや、無償配布されているLinuxやFreeBSDなどのUNIX系のOSが使われることが多い。

OSの歴史
1975年 MITS社から最初のパソコンAltairの登場,Microsoftの設立
1981年 IBM PCの誕生,MS-DOS Version 1.0の誕生
1982年 MS-DOS Version 1.1, 1.25 ,80286発表(16bitプロテクト モード登場)
1983年 MS-DOS Version 2.0, 2.05, 2.1, 2.11
1984年 PC/AT発売,MS-DOS Version 3.0, System1.0
1985年  80386発表(32bitプロテクト モード参上)
1986年 漢字Talk1.1, Windows 1.0
1987年 MS-DOS Version 3.1, 3.2,3.3
PS/2シリーズ発売,OS/2 のリリース, Windows 2.0
1988年 MS-DOS Version 4.0,漢字Talk2.0
1989年 MS-DOS Version 4.01
1990年  Windows 3.0
1991年  MS-DOS Version 5.0, 漢字Talk6.0.7
1992年  Windows 3.1がPC/AT互換機用の標準OSとして普及した。
   3.1まではMS-DOSにGUI環境を構築するための拡張ソフトウェアだった。
   漢字Talk7.1
1993年   Windows NTシリーズ発売開始
1995年  Windows 95からは独立したOSとして機能するようになった。
   漢字Talk7.5
1997年2月 MacOS7.6
1997年9月 MacOS8.0
1998年  Windows 98が発売(その後Windows Meが発売)
  パソコン用の標準OSとしての地位を確固たるものにした。
1998年   MacOS8.5
1999年5月 MacOS8.6、10月 MacOS9.0
2000年   Windows 2000 MacOS X
# by tochihara3 | 2005-12-20 19:04 | 医用画像情報管理士

はじめよう医用画像情報管理~MIIAとは~

MIIAとは
 HIS・RIS・PACS連携による画像診断部門の多くの医療現場では、診療放射線技師が医用画像情報の管理・運営面で大きな役割を果たしているのが現状である。このような医療現場を反映し、医用画像情報システム構築に関する知識の普及、技術的問題点の解決や新たな医用画像情報の管理システムの開発、医用画像情報管理について会員相互の研究活動と情報交換の推進を図る目的で、日本医用画像管理学会(jsmim)が発足した。jsmimは、医用画像情報管理に関する初めての参考書を編纂した。
 日本放射線技師会(jart)は、平成16年3月27日、第1回医用画像情報管理士認定試験を行った。
 平成17年10月30日(日)、第2回医用画像情報管理士認定試験を日本・韓国の両国で同時に開催された。これは、国際化へ向けた第一歩として,今回の認定試験ははじめて日韓共同で実施された。 これまで行われてきた日本放射線技師会(jart)認定の医用画像情報管理士、ならびに大韓放射線士協会認定のPACS Administratorは一本化され,Medical Imaging Information Administrator(日韓共通の英語標記)として,両会共同の認定資格となった。なお、国内における呼称については,いままでどおり「医用画像情報管理士」で変更はない。
# by tochihara3 | 2005-12-19 22:52 | 医用画像情報管理士

Chong Eun Chul教授特別講演

みなさまのComments待ってます。
感想
1.完全なフィルムレス運用をFull PACSといい、救急、手術室などに一部でもFilmがあればMini PACSという。
2.韓国の国家施策で情報通信部の補助が'99年時には1検査あたり30%の還元があったらしい。Full PACSを導入した施設に適用され、導入費は3年で減価償却可能だった。それにより、PACSベンダーは100社できたが、しだいに淘汰され、現在ではinfinitt社が70%のシェアをもっている。また、国家補助も22%になり、15%まで落ちることが予想されるが、5年以上過ぎて、Storageが安価でしかも大容量になり、現在でも導入効果は十分にあるらしい。
3.IT国家で世界をリードする韓国では、ソフトウェア開発の人材が豊富である。
4.ダウンタイムは15分/3年半で、トラブルの原因はすべてDBであるOracleであった。
5.Web-PACSが遅れている。これは、infinitt社のシェアが大きいので、ここの製品が標準として使われるので、国際標準規格(JAVAなど)を使わないからであろう。
6.サムソン病院だから、モニタはサムソン製と思いきやそうではない。WIDEやTOTOKUらしい。

まだ、たくさんありますが記憶に残っていることを書きました。
# by tochihara3 | 2005-12-05 20:02 | ROCK研究会

5th.ROCK 案内







平成17年 11月 吉日

関 係 各 位


          第5回熊本画像情報システム懇談会開催のご案内


時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。下記のとおり、第5回熊本画像情報システム懇談会を開催します。今回はDICOM基礎知識、モニタの基礎知識を引き続き行います。また、特別講演として、韓国のPACS事情をKangbuk Samsung Hospital Chong Eun Chul教授に講演していただきます。日本より先行している韓国のフィルムレスPACS事情は大変興味があるところです。皆様の多数の参加をお待ちしております。


1.日時  平成17年12月3日(土)14:00~

2.場所  国立病院機構熊本医療センター(前国立熊本病院)
     地域医療研修センター
     〒860-0008 熊本市二の丸1-5 
     TEL096(353)6501(代)

3.内容  
    機器展示会   13:30~16:00
    SYNAPSE(富士フイルムメディカル)
    STARPACS(Infinitt、ネオテック)
    RadForce他(ナナオ)
    PSP    

I. 特別講演                  14:00~15:00
      『韓国のPACS事情について』
   講師:Kangbuk Samsung Hospital Chong Eun Chul教授

II. モニタの基礎知識              15:10~16:10
    講師 株式会社ナナオ 映像商品開発部   橋本 憲幸

III. DICOM基礎知識               16:20~17:20
   講師 コニカミノルタMG(株)        近藤 耕
 
 ただし、講師の都合により、講演時間が変わる可能性があります。
 あらかじめご了承ください。

4. 参加費 500円


主   催  熊本画像情報システム懇談会
協   賛 (株)ネオテック
# by tochihara3 | 2005-11-07 18:26 | ROCK研究会