人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はじめよう医用画像情報管理~ネットワークを知ろう-1-~

インターネットとは
 “internet(先頭の「i」は小文字)”とは、ネットワークを相互に接続する技術、またはその技術によって接続されたネットワークのことであり、日本語では「相互接続ネットワーク」などと訳される。相互接続ネットワークは、さまざまな種類のネットワーク同士を接続し、その違いをユーザーやアプリケーションから隠し、統一的なサービスを提供するネットワークのネットワークである。
 インターネットの歴史
インターネットの起源は1960年代にまでさかのぼる。当時、DoD(Department of Defense:米国国防総省)は、核による攻撃にも耐えうる軍事指揮用のネットワークを必要としていた。そして1968年、DoDのARPA(Advanced Research Projects Agency:高等研究計画局)は、実験用のパケット交換ネットワークであるARPANET(アーパネット)の開発に着手した。
1969年には、ARPAの研究に参加する研究者が多数在籍していたカリフォルニア大学ロサンジェルス校、スタンフォード研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学間で接続実験が開始され、最初の広域パケット交換ネットワークであるARPANETが誕生した。
1973年には無線や人工衛星を利用したパケット交換ネットワークの研究へと発展していった。同時に、これらパケット無線ネットワークとパケット衛星ネットワークとARPANETを接続する研究も開始された。
そして、相互接続ネットワークを実現するために新たなプロトコルの開発が行われた。これが後にTCP/IPと呼ばれることになるプロトコルである。そしてインターネットの研究は当初から国際的な広がりを見せ、TCP/IPの研究には、英国を始め、ノルウェーなどヨーロッパの国々が参加していった。
1977年、ARPANET、パケット衛星ネットワーク、パケット無線ネットワーク、Xerox社Palo Alto Research CenterのEthernetという4つのネットワークを相互接続したデモンストレーションが行われた。
1978年にはARPANETに接続するコンピュータのプロトコルとしてTCP/IPが採用され、徐々にインターネットが形成されていき、1983年1月1日までにARPANETのネットワークのプロトコルはTCP/IPに変更・統一され、実用的なインターネットが誕生した。
1992年には、日本で最初の商用ISP(インターネット サービス プロバイダ)である株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が誕生し、以後続々とISPが誕生していった。
OSI参照モデルとTCP/IP
はじめよう医用画像情報管理~ネットワークを知ろう-1-~_d0004022_2248473.jpg
OSI参照モデルは7つの層、TCP/IPは4つの層から構成される。
・ネットワークの通信モデルは、OSI参照モデルによって説明することができる。
・物理層、データリンク層は、1つのネットワーク媒体に接続されたコンピュータ間での通信方法を規定する。
・ネットワーク層は、相互に接続されたネットワーク上の任意の2台のコンピュータ間での通信方法を規定する。
・トランスポート層は、アプリケーション間での通信方法を規定する。
・セッション層、プレゼンテーション層、アプリケーション層では、アプリケーション間での通信方法を規定する。

インターネットからネットワークの基本や共通化ができたんだ!
by tochihara3 | 2005-12-20 22:46 | 医用画像情報管理士
<< はじめよう医用画像情報管理~デ... はじめよう医療画像情報管理~コ... >>